リファー大事!統合失調症はカウンセラーが心理支援で注意深く接したい精神の病気

こんにちは。公認心理師かなてぃです。

リファー大事! 4回目 は『統合失調症』です。

[:目次

1 統合失調症ってどんな病気?

2 統合失調症の急性期

3 統合失調症の回復期

4 カウンセラーが留意すべきこと]

 

統合失調症ってどんな疾患?

f:id:Tunkaron325:20211205162216j:plain

何者かが見ている…指図する…

統合失調症は、青年期に好発する原因不明の精神病です。

発症は、遺伝的要因と環境要因の相互作用によると考えられていて、精神の疾患のうちで最も頻度の高い重要な疾患です。 

 幻覚・妄想など異常体験 病識の欠如などが見られます。

 

病識というのは、ある疾患を抱えた方が、「自分が病気である」と自覚すること です。 統合失調症の方の場合、病識が欠如するというのが特徴です。生活態度は一風変わっていて、社会的、職業的に、適応しにくさ があります。

情報を適切に選択して実行に移すというような、認知機能の障害も見られるのですが、意識は鮮明ですし、一般的な知能は保たれている場合もあります。

 

発症年齢は、過半数が20歳前後であり、 次いで16歳から40歳まで、稀に子どもでも発病します。 発病率に男女差はありません。

 

発生頻度は、 0.7~0.8% で、国別での発生頻度の差はありません。詳しい原因はわかっておらず、 精神科入院患者の 60%を占めるともいわれています。

 

統合失調症の急性期

急性期は陽性症状が激しいです。幻覚妄想のために、自分のことを卑下したり、理不尽な命令が聞こえたり(例えば飛び降りろとか)、恐ろしいものや情景が見えたり、当の本人は本当に苦しいです。自分や大切な人に危険が迫っているという確信を持ったりすると、統合失調症の方はまわりの人や環境への安心感が持てず、底知れぬ恐怖を感じます。

こういった陽性症状による体験は他者と共有できませんから、患者さんは強い無力感、孤独感を感じるでしょう。

 

統合失調症の回復期

f:id:Tunkaron325:20211205163142j:plain

陽性症状が軽減しても陰性症状によって生活は影響を受けます。生き生きとした感情を失っていたり、何かに取り組む意欲がわかなかったり、人とかかわるのが億劫になります。

こういった陰性症状は、他者との交流を制限してしまい、活動範囲が狭くなってしまうつらい症状です。

 

認知の障害

物事を全体的に見ることや、融通を利かすことができなくなり、陰性症状とあいまって、周囲から怠け者と誤解されたりすることがあるので、自尊心が傷つきます。

 

急性期は入院し薬物療法が中心で、緩快して退院しても、怠薬は絶対いけません。退薬するとすぐ症状が悪化して次の入院期間はさらに長引いたりします。家族や近しい人への協力がカギになったりします。

 

カウンセラーが留意すべきこと

統合失調症の治療は薬物療法がメインです。そして、自我の統制力を強化したトレス耐性を増加させる方面に指導することも重要 になるので、心理的教育も並行してされるケースもあります。

しかし、心理的教育は、病院内に常駐する、専門的な訓練を受けた公認心理師臨床心理士、カウンセラーが行います

統合失調症の傾向が見られるクライエントさんが来談された場合、カウンセラーは、診断名を告げたり、 医師の専門領域を侵すようなことは絶対にしないようにしなくてはいけません。

無理にカウンセリン グを行おうとせず、精神科病院・クリニックなど他の専門機関に必ずリファーしましょう。

 

リファー大事!パニック症・強迫症は心理カウンセラーが心理支援で注意深く接したい精神の病気

f:id:Tunkaron325:20211012214838p:plain

こんにちは、公認心理師の かなてぃ です。

 

心理カウンセラーとして、じぶんの限界を知ることは大事ですよね。

”リファー大事! 第3回”は、パニック症、強迫症の方が来談されたときの留意すべきことをおさえていこうと思います。

 

【目次】

1 パニック症

2 強迫症

 

1パニック症

f:id:Tunkaron325:20210910104811j:plain

 パニック症の症状の特徴は、

呼吸困難やめまい感、死の恐怖などを伴う耐えがたい苦しみが、

突然、発作的に起こることです。

 

 1回の発作は、数分から30分、長くても1時間以内に自然に消失します。

実際には、疲労や心労が要因になることが少なくありません。

 

この発作は、「死ぬかもしれない・・・・」といったような、

死の恐怖を伴う強い不安 を引き起こすため、

パニック症の方は、絶えず、いつ起こるかわからない発作に怯えながら生活しています。非常に精神的な負荷が大きいのです。

 

パニック発作の恐怖、それからくる生活の制約は、将来の見通しをわるくします。

悲観的な感情に支配され、 実生活、それから精神面で、悲惨な状態に陥るかもしれません。

 

『パニック症』で  カウンセラーが留意すべきこと  ★

 

 ✔ カウンセリングに来談したクライエントに パニック症の診断があるときは、

主治医から 抗不安薬が処方されている場合が多いです。

カウンセリングを受けても良いのかどうか、主治医に相談します。

 

✔ 「急なパニック発作に対応できない」、「実力的にカウンセラーとしての責任を果たせない」と感じるときは、

主治医や専門機関にリファーし、

主治医の了解が得られるなら、クライエントが安心してカウンセリングを受けられるような 安全な環境 を 準備しておこないます。

  

強迫症

f:id:Tunkaron325:20210910112022j:plain

 

もの忘れや、間違いをしなかったか、記憶が定かでない・・・は、みんな経験したことのある出来事ですが、

火は消したかな?

家の鍵、閉めたっけ?

気になって仕方がない・・・といった、特定の対象物に対する不安とか恐怖を、

強迫観念といいます。

強迫観念があると、出来事が過剰に気になって、万が一の危険を恐れてしまいます。

 

強迫行為は、強迫観念に支配されてその危険や不安を打ち消すために、

繰り返しとってしまう行動や動作です。

強迫行為の症状がある場合、強迫症といいます。

考えたくない考えが繰り返し頭の中に浮かび上がり、消そうとすればするほど、不安が強くなってしまいます。

 

クライエントさんは、繰り返し強迫的な観念に囚われている状況や内容が 無意味であること を、 自覚しているのです。

それでも、繰り返し気になってしまうという状況に陥いります。

外出する際に鍵がちゃんとかけられたかどうか何回も確認したり、ガスの元栓をしめたか何回も確認したり、不潔な状況に異常な恐怖感を抱き、手を洗う行動が止められない、などです。

やめたいけどやめられない、考えたくないけど、 一度思い出すと不安で考えが 止められなくなることの心理的負荷がとても大きいです。

治療薬のほかに、強迫症状の苦痛に対する十分な 理解と共感的な対応 などの心理的支援も必要です。

 

強迫症状』で  カウンセラーが留意すべきこと  ★

 

 ✔ パニック症も強迫症も、心理的支援は必要。でも、主治医の指示なしにカウンセリングの実施は出来ません から、かってに進めないほうが良いです。

 

*******

リファー大事!の3回目はパニック症、強迫症のクライエントさんが来談されたときに留意すべきことについて書きました。

f:id:Tunkaron325:20210910113914p:plain

 

リファー大事!急性ストレス障害・心的外傷性ストレス障害は心理カウンセラーが心理支援で注意深く接したい精神の病気

f:id:Tunkaron325:20210913084617p:plain

自分の限界を知りながら、クライエントさんも自分も幸せにつながるカウンセリングをしたいです。

前回に引き続き、精神医学領域で、カウンセラーの基本の き、

精神の病気を疑ったらリファーすべき疾患の、留意事項をおさえていこうと思います。

[:目次

急性ストレス障害

心的外傷ストレス障(PTSD)]

 

1.急性ストレス障害

f:id:Tunkaron325:20210927143443j:plain

人間は、強い精神的ショックを受けると、感情がマヒして 何が起こったか わからず 混乱状態に陥ってしまいます

 

急性ストレス障害は、地震津波などの自然災害、戦争や監禁、 肉親の 急死、暴行、脅迫など、 非常に強いトラウマ体験のすぐあとに、その記憶が容赦なくよみがえり、日常生活に支障を生じさせます。

 

トラウマ体験から 4週間以内にはじまり、2日~4週間程度でおさまって、 比較的短期間で 症状はしずまっていきます。

でも、衝撃的な出来事を、自分の頭の中で何度も再体験して しまうので、精神的に大きな負荷がかかります。

 

精神的な負荷を避けようとして、不安ばかり増大してしまうのも特徴です。

感覚のマヒ、感情反応の欠如、 ものごとが事実ではないという感覚 自分が自分ではない感覚に おそわれることもあります。

 

トラウマ体験が、その人にとって強烈であればあるほど、急性スト レス障害になる可能性が高いですが、 個人のものごとのとらえ方、感じ方によってストレスの感じ方が違うので 個人差が生じます。

 

そのため、全く同じ体験をしても、その体験が "ストレス障害” として現れる人と、現れない人もいたりします。

 

★カウンセラーが留意すべきこと★

✔ カウンセリングで、クライエントさんが、トラウマ体験をした状況から離れ、抱える苦しみや辛さに共感が得られたなら、 症状は緩和していきます。

なので、トラウマ体験を「話す」ということだけでも症状がさらに緩和されることもあるので、カウンセリングでお役に立てると思います。

 

✔ 既に 主治医がいる、受診している場合には、 カウンセリングを受けても問題がないか の許可をもらいましょう。

 

✔ パニック症と同様、 症状が出た時の対応が難しい場合には、リファーを するように心掛けましょう。

 

 

2.心的外傷後ストレス障害 (PTSD)

f:id:Tunkaron325:20211010130213j:plain

強い心理的ストレスの後、少し時間がたってから6ヵ月以内に急性ストレス 障害で見られるような特異な症状が出現してくる場合に、 心的外傷後ストレス障害 (PTSD)と診断されます。

 

この症状の特徴は、その精神的にショックな経験の情景を突然、リアルに当時の感情と身体感覚を伴って再体験することです。

その度に苦痛な体験を繰り返 してしまうため、 気分が落ち込み、イライラしたり、怒りっぽくなります。 苦痛から逃れるために、アルコールの乱用などに走りやすくなってしまうこと もあります。

 

その他には、不安や落ち着きのなさ、 理解力の減退、不眠、頭痛、 食欲減退などの身体症状が、長期間にわたってあります。

また、外傷体験 は、人間の 生きている基盤を 根本的に揺るがす体験なので、無力感や不信感 や怒りなど、様々な感情が入り混じって、混乱してしまう場合があります。

 

★カウンセラーが留意すべきこと★

 

✔ PTSDの可能性が考えられるクライエントさん が 来談された場合には、カウンセラーは先ず、医療機関に リファーしましょう。

 

✔ 医師から、このクライエントさんのカウンセリングを受けること について許可が下りれば、

・守られているという安心感や、安全感を 取り戻してもらえるように関わっていきましょう。

・『あなたは決してひとりぼっちではないです』、『あなたを支えてくれる人はいます』というメッセージを伝えましょう。

✓ 薬物療法中のことも多いです。実力がついてこないときは、迷わずリファーしましょう。  

 

リファー大事2回めは、

急性ストレス障害と心的外傷性ストレス障害の方が来談されたときの留意すべきことを書きました。

読んでくださってありがとうございました、またおこしください。

 

 リファー大事!気分障害・全般性不安症は心理カウンセラーが心理支援で注意深く接したい精神の病気

f:id:Tunkaron325:20210811155353p:plain

かなてぃ 公認心理師

筆者は心理カウンセラーで開業したいので、すこしずつ積み上げていきます。

 まずは、いきなりカウンセラーを名乗る前に注意しておかなくちゃいけないところをおさえておかなくては…。 

心理カウンセラーは、医者のように病名を診断したり、投薬治療を行ったりしませんので、クライエントさんを担当したら、クライエントさんの中に

ひょっとしたら精神疾患の患者さんがいるかもって気をつけることかとおもいます。

そしてそんな時は、必ず主治医や専門の病院にリファーするってことがカウンセラーにとって必須なんですね。

 

『ちゃんと自分の限界を知りつつ、あくまでクライエントさんのメリットにつながるカウンセリングをしたい!』

というわけで、精神医学領域の「リファーすべし」を記事にしていこうと思います。

まずは、気分障害、全般性不安症です。

[:目次 

気分障害

2全般性不安症]

1.気分障害(感情障害)

f:id:Tunkaron325:20210910102118j:plain

人は、嬉しいことがあれば気分がよくなる。逆に、嫌なことがあれ 気分が落ち込む。 気分障害は、自分自身で感情のコントロールができなくなって、普段通りの生活ができなくなってしまう状態をいいます。

感情の抑うつ、 あるいは躁状態への変化が、ある期間持続する状態です。

うつ状態躁状態を反復する傾向が強く、背景に様々なストレス状況があり影響をうけているとされています。

発病年齢は主に思春期以降で、加齢とともに発症数が増えます。

原因は、遺伝的素質と、環境要因が複合しているようです 。

 うつ状態

抑うつ的で、悲観感情がみられます。思考内容は、 自責的で、ときに他罰的

活動性が低下し、食欲低下・ 体重減少・性欲減退がみられます。

全般的には、朝方には状態が悪く、夕方には改善するなど、症状が 1日の時間帯で変化する場合もあります。

 

抑うつエピソード>

抑うつ気分、 興味・ 喜びの喪失、食欲の異常、 睡眠の異常、

焦燥または制止、 易疲労性や気力の減退、 無価値感や罪責感、

思考力や集中力 の減退決断困難、自殺念慮がある など。

躁状態

感情は爽快で、精神的興奮がみられます。思考内容は、楽天的。

活動性の亢進 (高ぶり)がみられ、多弁です。

睡眠時間が極端に短縮し、疲労を感じにくい状態がよくみられます。

”睡眠がうまくとれない” などの症状が あっても、ご本人は「短時間の睡眠 で十分」って解釈しているので、あまり 自覚的な訴え としてはでてきません。

 

<躁病エピソード>

爽快気分、観念奔逸(次から次へとアイデアが浮かんで、どんどん話がわき道にそれていって、全体としてのまとまりがなくなる)、誇大妄想、意欲と行動の異常がある など。

双極性障害と大うつ病性障害

双極性障害は、躁病エピソードとうつ病エピソードを反復します。

うつ病(大うつ病性障害)は、抑うつエピソードのみ。

 

★『気分障害』で カウンセラーが留意すべきこと★

✔ 気分障害は薬物治療が中心なので、無理にカウンセリングを行ってはならない

✔ 気分障害の症状がみられるときは、すぐに病院などの専門機関にリファーする

(クライエントの症状 を深刻化させる可能性があるから)

✔ 認知行動療法薬物療法の併用による支援が有効。

 

 

2   全般性不安症

f:id:Tunkaron325:20210910104041j:plain

不安は、漠然とした、原因がはっきりしない対象への恐れで、誰しも感じる身近な感情です。現実的な危険とは 無関係に沸き起こる不安とか、死の恐怖を感じるほどの、精神的負荷 が 大きい不安もあります。 全般性不安症は、不安が原因で引き起こされる症状をいいます。

<身体症状>

胸が苦しくなったり、 胸騒ぎや 動悸 が高まったり、呼吸困難、手足のしびれ、発汗、のぼせ、ふらつき などがみられることがあります。

<不安症状>

何に対しても過度に心配で、将来 への不安を抱くなど慢性的に不安状態で、胃腸症状や ふるえ、緊張 だけでなく、 睡眠がうまくとれず体調不良を感じます。 たとえば、いったん不安になると、おろおろ してしまい、仕事も手につかない、最悪の 状態に陥ることばかり考えてしまう。

不安状態がひどくなると、身体が小刻みにふるえてくる、更に不安が高まると、心臓の鼓動が激しくなります。

「このままでは死ぬかもしれない...」というレベルの恐怖感情に襲われてしまうと、日常生活に支障が出てしまうほどの 心理的負荷がかかってしまいます。

 

『全般性不安症』で  カウンセラーが留意すべきこと  ★

✔ カウンセリングに訪れたクライエントに 全般性不安症の可能性があるときは、

薬物療法が効果的なので専門機関にリファーします。

✔ 病院で全般性不安症の治療中の患者さん(抗不安薬が処方されている場合が多い)が、カウンセリングを受けたいと来談したときは、カウンセリングを受けても良いのかどうか主治医に相談します。

✔ 主治医に相談の結果、実施しない方が良いと判断された場合は、カウンセリングは中断しなくてはなりません。

 

リファー大事!初回は、気分障害と全般性不安症の方が来談されたときの留意すべきことを書きました。

f:id:Tunkaron325:20210910113914p:plain

読んでいただきありがとうございました